natural science 科学講座 日誌

【2016.12.08】「思い込み」は大敵

文責:平岡 孝一 (2016年12月 9日)     タグ:
161208-hiraoka.jpg

作った回路が思うように動作しなかったとき、動作不良の原因を探して改善するデバッグが必要になります。この時に、「きっとあそこは正しいだろう」「ここは間違いないはず」と調べてもいないのに思い込んでしまうとなかなか真実が見えてきません。セオリー通りに一歩一歩、原因を探っていくのが近道ですが、これは案外思考のトレーニングをしないとなかなかできるようにはなりません。
Kくん(中2)は、画面内を動きまわるボールをラケットではじき返す「ラケットゲーム」を製作中です。これまでに経験した失敗を活かして、配線でミスが起こらないように配線図を念入りに書き、回路を丁寧に作り上げたが、マトリクスLED一面が一様に光るはずのプログラムでなぜか光り方にムラができてしまいました。そこで、回路とプログラムのデバッグを行い問題がなかったので、KくんはマトリクスLED自体に不良があると考えました。実際に、別の動作確認ができているマトリクスLEDを回路につなげてみると見事に一面が一様に光りました。
部品に不良がある場合「部品は大丈夫だろう」という先入観から、なかなか回路の不具合の原因をみつかれられないこともあります。しかし、Kくんはそのような思い込みはせずに、原因となる可能性を1つ1つつぶして「部品の不良」という結果にたどり着きました。セオリー通り一歩一歩進めていくことは、一見遠回りに見えるかもしれませんが、デバッグいおいても、他のことにおいてもとても重要なことです。これからも、論理的に考えて作り、直す力を伸ばしていきましょう。



関連記事

▲このページのトップnatural science ものづくり講座 授業報告書 トップ

お知らせ


記事検索


更新情報

【2016.12.14】集積化を目指す 2016.12.14 平岡 孝一
【2016.12.08】「思い込み」は大敵 2016.12.09 平岡 孝一
【2016.03.25】今年度最後の講座 2016.03.25 平岡 孝一
【2016.02.05】新な部品と出会ったら 2016.02.05 平岡 孝一
【2016.02.03】プログラミングで思考の整理 2016.02.04 平岡 孝一
【2016.01.13】CESへ参加してきました 2016.01.13 平岡 孝一
【2015.12.11】光センサーに挑戦 2015.12.11 平岡 孝一
【2015.11.19】実験を重ねて知見を貯めよう 2015.11.19 平岡 孝一
【2015.11.12】自分のためのオリジナルマイコントレーニングボード 2015.11.13 平岡 孝一
【2015.11.10】回路図の特訓 2015.11.10 平岡 孝一
【2015.09.24】いろいろ試して条件を探し出そう 2015.09.24 平岡 孝一
【2015.09.16】切磋琢磨をして互いに伸ばし合おう 2015.09.16 平岡 孝一
【2015.09.04】道具がなければ作ってしまえ 2015.09.04 平岡 孝一
【2015.09.03】適切な部品を選べるようになるには 2015.09.03 平岡 孝一
【2015.09.02】新しいことを学ぶとき、過去の学びが役に立つ。 2015.09.02 平岡 孝一
【2015.09.01】まずはセオリー通りにやってみよう 2015.09.02 平岡 孝一
【2015.08.26】綺麗な配線を目指して 2015.08.26 岩崎 将明
【2015.08.19】最後の微調整 2015.08.20 平岡 孝一
【2015.08.18】 2015.08.18 岩崎 将明
【2015.07.30】図を書いて考えよう 2015.07.31 平岡 孝一

アクセスランキング