第27回みやぎ発明くふう展において
アルゴリズム講座 受講生が入賞しました。

みやぎ発明くふう展とは

みやぎ発明くふう展は、県民の発明考案に対する関心を高めるとともに、次代を担う児童生徒に発明くふうに対する楽しさと創作する喜びを体得させ、豊かな観察力と創造力を養うことを目的として開催するものです。
作品募集のご案内・開催概要より抜粋

作品名:金魚自動えさやり機会「えさやる蔵」

成田東小学校5年
野口 航

製作の動機

 工作を作ろうと思ったきっかけはおばちゃんの町のお祭りの金魚すくいですくった金魚を家でかっている時に学校にいっている間、えさはだれがやればいいのだろうと思ったことから作りました。

工夫した点

 工夫したところは3つあります。
 1つ目は、お店で見たえさやり機は、金魚は水温や水しつによってえさの量が変わるのに、えさの量を5つの中からしか選べないようになっていたので、不便だなと思いえさの量を1000通りの中から選べるようにしたところです。
 2つ目は、ぼくははじめて金魚をかったので、図書館に行って「金魚のかい方・育て方(主婦の友社)」という本を読みました。そこには金魚は1日にえさを2回やるということが書かれていたのでえさをちゃんと2回でるようにしたところです。
 3つ目は、お店でいたえさやり機は3000円くらいしていたけど、ぼくの貯金の範囲で作れるようにした所です(1800円くらい)。

使用方法

1.えさをボックスに入れる。
2.時計の目覚ましの針をえさをあげたい時間にあわせます。
3.1回にあげるえさの量は、時限タイマの黄色い部品を回してモーターの回る時間を変えてえさの出る量を調節できます。
4.時間になるとモーターが回ってエサが落ちます。

作品の紹介動画

開発日誌



▲このページのトップnatural science ものづくり講座 トップ

お知らせ


記事検索


更新情報

【2016.12.14】集積化を目指す 2016.12.14 平岡 孝一
【2016.12.08】「思い込み」は大敵 2016.12.09 平岡 孝一
【2016.03.25】今年度最後の講座 2016.03.25 平岡 孝一
【2016.02.05】新な部品と出会ったら 2016.02.05 平岡 孝一
【2016.02.03】プログラミングで思考の整理 2016.02.04 平岡 孝一
【2016.01.13】CESへ参加してきました 2016.01.13 平岡 孝一
【2015.12.11】光センサーに挑戦 2015.12.11 平岡 孝一
【2015.11.19】実験を重ねて知見を貯めよう 2015.11.19 平岡 孝一
【2015.11.12】自分のためのオリジナルマイコントレーニングボード 2015.11.13 平岡 孝一
【2015.11.10】回路図の特訓 2015.11.10 平岡 孝一
【2015.09.24】いろいろ試して条件を探し出そう 2015.09.24 平岡 孝一
【2015.09.16】切磋琢磨をして互いに伸ばし合おう 2015.09.16 平岡 孝一
【2015.09.04】道具がなければ作ってしまえ 2015.09.04 平岡 孝一
【2015.09.03】適切な部品を選べるようになるには 2015.09.03 平岡 孝一
【2015.09.02】新しいことを学ぶとき、過去の学びが役に立つ。 2015.09.02 平岡 孝一
【2015.09.01】まずはセオリー通りにやってみよう 2015.09.02 平岡 孝一
【2015.08.26】綺麗な配線を目指して 2015.08.26 岩崎 将明
【2015.08.19】最後の微調整 2015.08.20 平岡 孝一
【2015.08.18】 2015.08.18 岩崎 将明
【2015.07.30】図を書いて考えよう 2015.07.31 平岡 孝一

アクセスランキング